« 愛馬物語の撮影 | トップページ | 続 インフルエンザの影響 »

インフルエンザの影響

県民大会もとうとうインフルエンザで中止になってしまいました。
キャロットステークスもこのままだと・・・という噂もあります。
インストラクターの検定試験も二回目の延期に。
国体も途中で中止。

もうインフルエンザ、散々です。かんべんしてくれ~という感じですが、
日本乗馬倶楽部でもこの間、全頭検査を行いました。
無事に全頭シロ!!よかったです。

牛豚や鳥なども感染病はありますが、馬よりもシステムが完備されており、
広がりにくい傾向にあります。(それでも広がる事がある。)
インフルエンザの様に飛沫感染するものは扱いが難しいのも事実です。

我々大会参加者やお客様にとっては、やるやらないは早く発表して欲しいし、どうせだったら完全に鎮火するまで全ての馬の移動禁止(つまり、競馬も馬術競技もドラマの撮影もダメ)にすればいいのにと思うのですが、
競馬関係者、馬を生産している人、競技会によく行く乗馬学校や、プロのコースデザイナー等々、競馬や競技会で生活している方は多種多様かつ一杯います。
その人たちの収入源を断つというのは非常に難しい事です。

そういった理由からこういう混乱を招くのは仕方ない事だとは思いますが、
振り回されるな~という感じはあります。

結局は普段から馬関係者の防疫の意識を高く持ち、疑わしき場合の判断をシビアにしないとこれから冬を迎え、また流行ってしまう気がします。

|

« 愛馬物語の撮影 | トップページ | 続 インフルエンザの影響 »